トップページ > ご自宅で出来るお掃除方法 

おそうじのコツ

レンジフード(ふだんのおそうじ編)

【用具】

  • ぞうきん・バケツ、または洗剤不要の極細繊維のクロス
  • ゴム手袋

【薬剤】

  • ペーパータイプのキッチン用おそうじクロス

【準備】

  • 電源OFF
    安全のために、電源を切ります。
  • 換気
    窓を開け、風通しをよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 水に浸し固く絞ったたぞうきんで、外側を拭きます。
    または、洗剤不要の極細繊維のクロスで拭きます。
  2. 軽い汚れがある場合は、ペーパータイプのキッチン用おそうじクロスで拭きます。


【アドバイス】

使用できる素材や二度拭きの有無などを確認してから使いましょう。

レンジフード(念入りおそうじ編)

【用具】
  • ぞうきん
  • バケツ
  • ヘラや割りバシ
  • スポンジ
  • 台所用ラップ

【薬剤】

  • 酸素系漂白剤
  • 台所用洗剤
  • 油汚れ用洗剤

【準備】

  • 電源OFF
    安全のために、電源を切ります。
  • 換気
    窓を開け、風通しをよくします。
  • 取り外し
    外せる部分は外し、終ったら戻します。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

<おそうじの進め方>

まず、外せる部分を漂白剤溶液でつけおきします。外せない部分のおそうじは、つけおきをしている間に行います。

全体的に汚れが軽い場合は、ペーパータイプのキッチン用おそうじクロスで拭きます。

洗剤を使用する時は、
変色やツヤがなくなったりしないかどうかを、あらかじめ目立たない所で試してから行ってください。

【注意】

レンジフードの状態によっては、おそうじをすることで、汚れと一緒に塗装がはがれることがあります。
これは洗剤が原因ではなく、こびりついた汚れが塗装にくっついてしまい、汚れを取ることによって、塗装も一緒にはがれてしまうためです。

【アドバイス】

レンジフードフィルターを取りつけて、定期的に交換すると、汚れを防ぐことができ、おそうじが楽になります。

フローリング(ふだんのお掃除編)

【用具】

  • 化学モップ、またはペーパーモップ
  • 掃除機

【準備】

  • 換気
    窓を開け、風通しをよくします。
  1. 化学モップ、またはペーパーモップで、ホコリを取ります。

【アドバイス】

化学モップは、ホコリをたてないように軽く使うのがコツです。
窓を開けることで、ホコリが舞い上がるようであれば、先にモップをかけましょう。

  1. 掃除機などで、集めたホコリを吸い取ります。
  2. 軽い汚れがある場合は、水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れを拭き取り、すぐに乾拭きをします。
    または、除菌モップやウエットタイプのペーパーモップで拭きます。

【注意】

1ヵ所だけをゴシゴシこすりすぎないように。塗料がはげたり、色が変わったりすることがあります。

【アドバイス】

ぞうきんは数枚用意し、洗濯機でまとめて脱水しておくと便利です。

フローリング(念入りお掃除編)

【用具】

  • 化学モップ、またはペーパーモップ
  • 掃除機

【薬剤】

  • 住まいの洗剤

【準備】

  • 換気
    窓を開け、風通しをよくします。
  • 移動
    イスやテーブルなどを移動させ、終ったら戻します。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 化学モップ、またはペーパーモップで、ホコリを取ります。

【アドバイス】

化学モップは、ホコリをたてないように軽く使うのがコツです。
窓を開けることで、ホコリが舞い上がるようであれば、先にモップをかけましょう。

  1. 掃除機などで、集めたホコリを吸い取ります。
  2. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、後ろに下がるようにして拭いていき、すぐに乾拭きをします。ぞうきんは、つねにきれいなもの、きれいな面を使うようにします。
    または、除菌モップやウエットタイプのペーパーモップで拭きます。

【注意】

1ヵ所だけをゴシゴシこすりすぎないように。塗料がはげたり、色が変わったりすることがあります。

【アドバイス】

ぞうきんは数枚用意し、洗濯機でまとめて脱水しておくと便利です。

  1. 汚れが取れない場合は、水に浸し固く絞ったぞうきんに住まいの洗剤をスプレーし、後ろに下がるようにして拭いていきます。
    その後、水に浸し固く絞ったぞうきんで、汚れや洗剤分を拭き取り、すぐに乾拭きをします。

【アドバイス】

畳半分ほどのブロックに区切って、1ブロックごと行い、次のブロックへと移って行くと作業がしやすくなります。

  1. よく乾燥させます。

浴槽プラスチック・ポリ素材(ふだんのお掃除編)

【用具】

  • スポンジ
  • ゴム手袋
  • 浴室用靴

【薬剤】

  • 浴室用洗剤(中性タイプ)

【準備】

  • 換気
    ドアや窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  • 浴室用靴
    浴室用靴をはきます。
  1. 全体に水をかけて濡らします。
  2. 水で湿らせたスポンジに浴室用洗剤をスプレーし、円を描くように洗剤をなじませ、全体をこすります。

【注意】

硬いタワシやブラシなどでこすると、細かいキズがつきます。
必ず柔らかいスポンジを使ってください。

【アドバイス】

アルミ蒸着フィルム製のスポンジなど、洗剤不要のスポンジを使うと、毎日の洗剤使用は必要ありません。週に1~2回の洗剤使用で充分です。

  1. シャワーなどで水をかけながら、汚れや洗剤分を洗い流します。
  2. 素手でさわってザラザラ感があれば、(2)と(3)を繰り返します。
  3. よく乾燥させます。

【アドバイス】

乾いたぞうきんで水気を拭き取るか、風呂用に用意した窓用ワイパーで水切りしておくと、シミがつきにくくなります。

浴槽プラスチック・ポリ素材(念入りお掃除のコツ)

【用具】

  • スポンジ
  • メラミンフォームのスポンジ
  • ジーンズ地など
  • ゴム手袋

【薬剤】

  • 浴室用洗剤(中性タイプ)
  • クリームクレンザー

【準備】

  • 換気
    ドアや窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  • 浴室用靴
    浴室用靴をはきます。
  1. 全体に水をかけて濡らします。
  2. 水で湿らせたスポンジに浴室用洗剤をスプレーし、円を描くように洗剤をなじませ、全体をこすります。

【注意】

硬いタワシやブラシなどでこすると、細かいキズがつきます。
必ず柔らかいスポンジを使ってください。

【アドバイス】

アルミ蒸着フィルム製のスポンジなど、洗剤不要のスポンジを使うと、毎日の洗剤使用は必要ありません。

  1. 石けんカスなどの汚れが取れない場合は、水で湿らせたメラミンフォームのスポンジでこすります。

【注意】

ポリ製の場合はクリームクレンザーでキズがつくことがありますので、ご注意ください。

  1. 水位線部分の汚れが取れない場合は、水で湿らせたジーンズ地などにクリームクレンザーをつけ、こすります。

【注意】

素材によっては、クリームクレンザーで、キズがついたり、ツヤがなくなることがあります。目立たない所で試してから行ってください。

  1. シャワーなどで水をかけながら、汚れや洗剤分を洗い流します。
  2. よく乾燥させます。

【アドバイス】

乾いたぞうきんで水気を拭き取るか、風呂用に用意した窓用ワイパーで水切りしておくと、シミがつきにくくなります。

トイレ内部(ふだんのお掃除編)

【用具】

  • トイレ用ブラシ
  • ぞうきん
  • バケツ
  • ゴム手袋

【薬剤】

  • トイレ用洗剤(中性タイプ)
  • 除菌クロスなど

【準備】

  • 換気
    ドアや窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 便器の中にトイレ用洗剤(中性タイプ)をかけ、トイレ用ブラシでこすります。かえしのあるものは、便器の縁の内側もこすります。

【アドバイス】

毎日1回、水を流してトイレ用ブラシでこすると、汚れがたまりにくくなります。

  1. 水を流し、汚れや洗剤分を洗い流します。
  2. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、便器のまわりを拭きます。または、除菌クロスなどで拭きます。

トイレ内部(念入りお掃除編)

【用具】

  • トイレ用ブラシ
  • ぞうきん
  • バケツ
  • ゴム手袋

【薬剤】

  • トイレ用洗剤(中性タイプ)
  • トイレ用洗剤(酸性タイプ)
  • 除菌クロスなど

【準備】

  • 換気
    ドアや窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 便器の中にトイレ用洗剤(中性タイプ)をかけ、トイレ用ブラシでこすります。かえしのあるものは、便器の縁の内側もこすります。汚れが取れない場合は、トイレ用洗剤(酸性タイプ)を使います。
  2. 汚れがひどい場合は、黄ばみや尿石の部分にトイレ用洗剤(酸性タイプ)をかけ、その上からトイレットペーパーを貼りつけます。便器の縁の内側にも、トイレットペーパーに洗剤を含ませて貼りつけます。

【アドバイス】

便器内にたまっている水を、空にしてから行うのがポイントです。

【注意】

「まぜるな危険」と表示されている「塩素系のもの」と「酸性タイプのもの」が混ざると、有毒塩素ガスが発生して、とても危険ですので、同時使用はしないでください。

  1. そのまま30分ほど放置した後、トイレ用ブラシでこすります。汚れが取れない場合は(2)と(3)を繰り返します。

【アドバイス】

使ったトイレットペーパーは、便器に流さずゴミとして捨てます。

【アドバイス】

それでも黄ばみが取れない場合は、水で湿らせたジーンズ地などにクリームクレンザーをつけ、汚れの部分をこすります。取れにくい尿石などの汚れは、耐水ペーパー(1000~1500番)でこすり取ります。トイレットペーパーで汚れや洗剤分を拭き取ります。
キズがつく場合がありますので、汚れの状況と対処後の状況を判断したうえで、作業を進めてください。

  1. 水を流し、汚れや洗剤分を洗い流します。
  2. 水に浸し固く絞ったぞうきんで、便器のまわりを拭きます。
    または、除菌クロスなどで拭きます。



          洗浄ノズル部分            

  1. 洗浄ノズル部分を引き出します。

【アドバイス】

ノズルの出し方は各メーカーによって異なります。取り扱い説明書を確認してください。

  1. ブラシでこすって汚れを落とします。汚れが取れない場合は、トイレ用洗剤(中性タイプ)をつけ、こすります。

【注意】

ブラシや洗剤によっては、ノズルを傷める場合があります。使用できるかどうかを、取り扱い説明書で確認してから行ってください。

  1. 水をかけ、汚れや洗剤分を洗い流します。

【アドバイス】

グラスなどの容器に水を入れて、洗い流します。

  4. 洗浄ノズル部分を戻します。

洗面ボウル(ふだんのおそうじ編)

【用具】

  • メラミンフォームのスポンジ
  • ぞうきん

【準備】

  • 換気
    ドアや窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  1. 水で湿らせたメラミンフォームのスポンジで、洗面ボウルをこすります。

【アドバイス】

アルミ蒸着フィルム製のスポンジなど、洗剤不要のスポンジを使うと、毎日の洗剤使用は必要ありません。週に1~2回の洗剤使用で充分です。

  1. 水をかけ、汚れを洗い流します。
  2. 乾いたぞうきんで、洗面ボウルまわりの水気を拭き取ります。

洗面ボウル(念入りお掃除編)

【用具】

  • メラミンフォームのスポンジ
  • スポンジ
  • ジーンズ地など
  • ぞうきん

【薬剤】

  • 浴室用洗剤(中性タイプ)
  • クリームクレンザー

【準備】

  • 換気
    ドアや窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。
  • ゴム手袋
    洗剤を使用する場合は、ゴム手袋をはめます。
    液がたれないよう端の部分を少し折り返します。
  1. 水で湿らせたメラミンフォームのスポンジで、洗面ボウルをこすります。

【アドバイス】

アルミ蒸着フィルム製のスポンジなど、洗剤不要のスポンジを使うと、毎日の洗剤使用は必要ありません。週に1~2回の洗剤使用で充分です。

  1. 汚れが取れない場合は、水で湿らせたスポンジに浴室用洗剤をスプレーし、こすります。

【アドバイス】

アルミ蒸着フィルム製のスポンジに洗剤をつける場合は、中性の洗剤を使用します。

  1. 汚れが残っていたら、水で湿らせたジーンズ地などにクリームクレンザーをつけ、こすります。
  2. 水をかけ、汚れや洗剤分を洗い流します。
  3. 乾いたぞうきんで、洗面ボウルまわりの水気を拭き取ります。

ぬいぐるみ(ふだんのお掃除)

【用具】

  • 洋服ブラシ、またはヘアーブラシ
  • 掃除機
  • タオルなど

【準備】

  • 換気
    窓を開け、風通しをよくします。
  1. 手でさわって、色が濃くなる方向に、洋服ブラシ、またはヘアーブラシなどで毛足を起こし、奥にもぐり込んでいるホコリを浮き上がらせます。

【アドバイス】

床に包装紙やビニールシートを敷きましょう。

  1. 同様に色が濃くなる方向に、毛足を起こすようにしながら掃除機をかけます。

【アドバイス】

直接吸い込むほうが、入り組んだ所のホコリがよく取れるため、掃除機はアタッチメントを外し、ホースでホコリを吸い込みます。

  1. 軽い汚れがある場合は、水に浸し固く絞ったタオルなどで、汚れを拭き取ります。